高齢出産とは?

高齢出産

 

「高齢出産」という言葉は聞いたことはあっても、具体的にはどのようなものなのかピンと来ないという方もいらっしゃるでしょう。

 

35歳以上の女性の出産のことをこう呼ぶわけですが、リスクが高いという認識が一般的なようです。

 

ですがあくまで年齢的な区分けとして35歳となっているだけで、この年齢を境にして急激に出産リスクが増大するということはありませんので安心してください。

 

たとえ25歳でも健康上不安を抱えている人はいますし、逆に45歳でも体内年齢は20代という女性もいます。重要なのは自分の体の状態がどうなのかということです。

 

ただし、30歳を過ぎると出産リスクが高まるという一般認識のために、必要以上に不安に感じている女性が多いことも事実です。

 

少し前に批判を受けた女性歌手がいましたよね。「35歳を過ぎると羊水が腐る」などという誤ったことを発言してしまいブーイングの嵐でした。

 

なぜこういった誤った認識をい持つ女性が現れるのかというと、知識不足なうえに、根拠のない都市伝説的なうわさ話を鵜呑みにしてしまい、それを確認したりもしないことが原因だと思うのです。

 

もちろん、妊娠経験のない20歳女性100人と、35歳女性100人を比較してデータをとった場合、どちらが妊娠しにくいかとか卵子の状態を調査すれば20歳のグループのほうがデータ的には良好でしょう。

 

ですが、40歳をすぎてから妊娠出産をする人も増加してきていますし、そのための体制やノウハウもどんどん蓄積されていっています。妊娠出産に関しては「高齢出産」だからといって必要以上に心配する必要はないのです。

 

心配するとすれば、子育てのほうでしょう。夜泣きして2〜3時間おきに起きてミルクを上げたり、日々体力がついてくる子供と一緒に遊び回れるかどうかなど、そちらのほうが考えるべき点は多いような気がします。

 

少し話はそれましたが、きちんとした知識を身につけ、相当の準備をし、妊娠中もきちんと生活をおくればなんら心配することはありません。